医学の発展は新しいことをやっていかなければならないと思います。
他の分野と違って、試すということに対して非常にセンシティブになるかと思います。
患者に対して試すということは、患者との信頼関係も必要です。
患者には、その試薬や試験的な手術が絶対に安全であることを信じてもらいつつ、もしかしたら失敗するかも
しれないということを理解してもらわなければならないということだと思います。
人間的な信頼関係も必要だと思います。
医者を信頼しなければ、自分に前例のない最新の手術をして欲しいというのは言えないと思います。
前例がないといっても動物実験などを繰り返していたり、外国ではすでにやっていたりとあるのかと思います。
また、治りたい患者としては最新の治療行為にすがりたくなるという思いもあるかとおもいます。
やってみたい医者とやってほしい患者とだけで話がまとまるならば手術はどんどんできるのですが、そこに国や
世間が関わるのでブレーキがかかるということです。
ときどき「○○が成功した」というニュースがあるかと思いますが、世間に伏せて新しい手術をしたりしているん
だなぁと思ったりします。
そういった場合は絶対に失敗できないでしょうし、失敗したら次にはその方法の手術を受けようという人がいなく
なるということだと思います。
名医と呼ばれる医者の方がこういった手術の機会があるかと思います。
やはり医学の発展を願う気持ちもあるかと思いますし、どうすれば患者の命を救えるかを常に考えていけば、新しい
方法にチャレンジすることにもなるかと思います。
そういったチャレンジも名医だからこそやらせてくれる患者もいるのかもしれません。
いろんな壁を越えなければならないのかもしれませんが、頑張ってほしいと思います。