診療所で医者一人で頑張っているという人は別として、医者というのは看護師や薬剤師を率いて
いかなければならないと思います。
大きな病院になってくると指導的立場で上に立たなければならないし、チームを組んで患者の治療に
当たったりすると思います。
チームの目的は患者を治すことです。
どこが悪くて、どうすれば治るのか、ということをチーム全員が把握しておく必要があるといいます。
手術の際にも看護師が渡してくる器具を「あれでしたっけ? これでしたっけ?」みたいなことを言って
るようではダメだと思います。
何事も何のために何をするのかということを明確に分かっていないといけないと思いますが、それを理解さ
せるための言葉など、リーダーが考えなければならないことはたくさんあるといいます。
説明ベタだからとチームへの説明をしないわけにはいかないわけですが、説明ベタという自覚があるなら
説明がうまくなるように努力をするしかないそうです。
できないで諦めるのではなくて、できるまで努力をするというのが医者に求められる資質でもあるのかも
しれません。
勉強会も開かないといけないでしょうし、コミニケーションが下手と自覚しているなら上手になるまで努力して、
その上で指導もしなければならないし、指示をしていかなければならない。大変な毎日だと思いますが、
それを止めてしまうと患者の命に関わってきます。
患者を救うという究極の目的のためにチーム一丸となっていかなければならないといいます。
医療の現場では普通のチームではダメで、優れたチームを作らなければならないといいます。
優れたチームにするためには、リーダーである医者が優れた動きをしなければならないと思います。